ケストラーさんのミトン、片っ方完成!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、完成品があるってスバラシイ、おおうらです。

『ベルンド・ケストラーのミトン』から、ミトン、片っ方完成!

前回記事はこちら>>

こんばんは、久々に晴れて気分もウキウキなおおうらです。親指から一気編み! ベルンド・ケストラーさんのミトン編んでます!まあ、通常、ミトンといったら下から編むも...

完成しました!片っ方だけだけど!やったー!

ワタシが編んだ糸は、野呂糸くれよんです。
6/0号棒針で編んでいます。片っ方で、32g使いました。

16目で作り目して親指を作ります。
その後増し目しながら本体を編みます。

最後「A」のブロックでゴム編みを入れます。
くれよんの場合、本体26段目からゴム編みを入れると良いようです。

「A」ブロックを「アイスランディック止め」して、
「B」と「D」をかぶせはぎして合体します。

その後「C」から手首のゴム編みを編み、
また、アイスランディック止めします。

で、完成。糸切らなくていいの!

すごーい!!!

編んでみた感想

糸を切らないでミトンが作れるのはホントにすごいです。
しかも、ちゃんと手にフィットしているー

ひとつ失敗したのが、本体の増し目です。
「ねじり増し目」or「KFBの増し目」をする、とあったので、
何も考えずに「KFBの増し目」をしてしまったのですが、
「基本のトライアングル」の編み方では「ねじり増し目」をするようです。
いやー失敗 失敗。

そして、初めて、アイスランディック止めというものをしたのですが、
これは編むように止められて便利でした。
ただし、伸縮性はあまりないようです。

そのため、指先の「A」ブロックと、本体をドッキングした時の止めはこれでOKだったのですが、手首のゴム編みの止めには、あまり伸びなくて宜しくないみたい・・・。
ワタシの止め方がきつすぎたのかなぁ。

なので、ゴム編みの止めは、毛糸針もってきて、
普通の1目ゴム編みの止めをしました。

あともう一点注意したいところが。

手首のゴム編みを拾うときに、糸がたるまないようにしないと、
手首に「穴」が開きますれば(^^; ご注意されたしー。

以上です。

あともう片方編めば、外につけて出られますー

糸の色は変わっちゃうんですがね。
まぁ、それも良いでしょう~。

ではでは!

★ネットショップはこちら
糸へん便り通販部
>>iichi店にジャンプします
>>creema店にジャンプします
※ショップにより展示内容が異なる事があります

★いつも応援ありがとうございます♪♪♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

Comments

スポンサーリンク
google
google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google