手編み靴下2足目。初めてのOpal二分割と、各種改良してみるテスト。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、糸へん便りのおおうらです。
どーーーしても、靴下が編みたくて。

また、編み散らかしております(爆)

はじめて、Opalを二分割してみたよ。

とか言いつつ、お写真撮ってなくてごめんなさいorz
段染めOpal を完全に二分割したくて、いろいろ調べていました。

分かったこととしては、

  1. がぼっと中から思い切って玉で取る。
  2. 同じ方向に玉に巻く

ということでしょうか。
中から取り出し、外から巻くというのがミソです。

約半分くらい、中からごそっと取り出します。
グラデーションの色の出具合が同じそうなところで、糸を切ります。
そして、玉に巻きます。まぁ、この辺はお好みでしょうが。

わたし、何を思ったか内側からやっちゃったんですよねぇ。
玉に巻いてもこの場合、中側から糸を引き出すことになり、細糸だとこれもまた絡まる原因になるようです(´;ω;`)

なので、玉の外側からそっと、玉巻機で玉に巻くことをオススメします。

それでも絡まったら・・・・

とにもかくにも、絶対にひっぱってはいけません!
糸端を探し出して、根気よく手繰り寄せるが吉だと思います。

あと、ウチの言い伝えなのですが、こんがらがった糸を解くとき、「ハサミハサミハサミ・・・・」と念じながらほどくとうまくいくようです。そんな馬鹿なwww

うわーーーん!となっても、とにかく引っ張らないことです。

次に、靴下を編むのは、何で編むか問題。

前回は、5本棒針で1足づつ編みました。
分かり易くていいんですが、1足仕上げるともう一足編むのがかったるくて、なんとかならんもんかと思ってました。

で、たどり着いたのが、1本輪針で編む方法と、2本輪針で編む方法です。
どっちが良いとかはないみたいなのですが、なぜか手元に、1号60㎝輪針が2本あるもんで、それで作り目して編んでみました。

すごーーーい!!!ちゃんと同時編みできてる!!!

が、針の取り扱いがちょっとメンドクサイところはあります。
区別がパッと見でつかないので、片方の針先に、マジックで印をつけてみました。

でも、金属針なのですぐ剝げちゃうのよね・・・。

どうしたもんかね。

まあ、とにかく、同時に靴下が編めるってスバラシイです。
足首回りだけでも、同じ段数になるようにしたいと思っていたもので、まぁよしとします。

で、もっと良い靴下にするべく、魔改造(?)をすることにしてみました

ベースは1足目と同じなのですが、もっと私の足にフィットさせるべく、改造案を考えました。

それは、

  1. 足首回りをゴム編み系に変更
  2. かかとを滑り目模様に変更して強化

です。

なるべく、穴の開きにくい靴下を!
ということで、この様にしようかと思っています。

うまくいくといいなー

ではでは!

★ネットショップはこちら
糸へん便り通販部
>>iichi店にジャンプします
>>creema店にジャンプします
※ショップにより展示内容が異なる事があります

★いつも応援ありがとうございます♪♪♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

Comments

スポンサーリンク
google
google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google