目指すは、自作でカエルのスマホケース?!デコパージュとはなんぞや。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、大変今さらですが、最近スマホに買いかえたおおうらです。
こちらが愛機のandroidさんでございます。

えぇ、iPhone ではありませんでしてね、
イマのコならアイホンでしょうが、いいんです。。
Androidラブなのでございます。

せっかくなのでスマホのケースも買ってみたんだけど。。

先ほどの画像の通り、ケースも購入してみたんです。
でもねぇ、Androidのケースって選択肢が恐ろしく少ないのね。

買ってから気がついたんですが、家電量販店及び100均のケースって
アイホンがすごく多い!シェアの問題なんですかね?

Androidあったーと思っても、AQUOSとかXperiaとかばっか。
ワタシが選んだスマホのケースなんて置いてないの!
カエル模様か黄緑色のスマホケースが、本当はほしかったんだけどなぁ!

じゃぁ、自作しちゃう?と思いつきまして。

幸い(?)本体を購入したときに、付録で透明のケースがついてきていたのでした。

これをどうにかしてデコれば良くない??と思いついたのでした。
カエル模様をラッピング的な加工してやれば、カエルのケースがゲット出来るぞ、と。

で、脳裏に引っ掛かったのが、
カルトナージュだかデコパージュだかでした。

違いがよくわからなくて、ググったところ、カルトナージュが別名「布箱」といいますか、布を箱に貼るクラフトで、デコパージュがニスを塗り固めてデコるクラフトだということをなんとなく把握。

ワタシがやりたいのは、これは明らかにデコパージュの方だろうということで、ダイソーにも材料があるにはあるということで試験制作ということで一式材料を買ってきた次第

ダイソーのデコパージュとやらの液は何種類かありまして、
・オールマイティー
・布用
・トップコート
がありまして、今回はプラ容器にデコりたいものですから、
オールマイティーとトップコートを買い求めました。

次に問題になるのが、
貼り付けるべき紙はどうするかということ。

デコパージュ用の紙も練習用に買ってきてはあるのですが、カエル模様ではありません。
カエル模様にするには、なんらかの方法で印刷して、
それから加工しないといけないことになります。

でも、ケースにいくらなんでもコピー用紙に印刷したものは貼り付けられないだろうということでまたググったところ、インクジェット用の半紙に印刷するとよろしい、という記述を見つけましてね、在庫をほじくりかえしたところ、なんと10年ほど前に買ってお蔵入りしていたインクジェット半紙を発見!

次に印刷方法です。
出来ればレーザープリントがよろしいとありましたが、ウチにはインクジェットプリンタしかありません。コンビニに行けばコンビニプリンターはレーザーですので印刷できますが、多分用紙の持ち込みはできないよねぇ、、、ということでレーザー印刷は諦めることに(涙)

さらにググったところ、インクジェットでもオイルを塗り込めば使える用になるかもよ!と記述してあるサイトを発見しましたので、端にちょっとデコパージュ液を塗ってみて、にじむようであればオイルを塗りたくる方法を試してみようかと思います。

あとは、印刷すべきモチーフの用意です。

あっらこんなーところに昔編んだカエルやレースの編み地が♪

これをアイロンかけ直して整形していい塩梅に撮影して印刷すれば
イケるんじゃない?と目論んでおります。

その前にデコパージュとはどんな行程を踏むのか練習しなければ。

未知の世界って面白いですねぇ。
大失敗するかもしれませんが!

なので近いうちに、
・まずはデコパージュ専用用紙で平らな面にデコパージュ!
次に
・原稿を印刷!テストのケースで、アイホンケースにデコパージュ!
の順を踏んで
・さあ本番!Androidケースにデコパージュ!
で行こうと思います。

まあ、はじめからうまくいくとは思わんのですがね。
それにしても、仕上げ材は本当にトップコートだけでいいんですかね?
もっとなにか補強するような加工(例えばレジンとか?ワタシやったことないけど)とかいらないんですかね?

まぁ、まずはやってみましょうかね。
何事も実験実験!

以上、つぶやきにお付き合いくださいまして
ありがとうございました。

ではでは!

★ネットショップはこちら
糸へん便り通販部
>>iichi店にジャンプします
>>creema店にジャンプします
※ショップにより展示内容が異なる事があります

★いつも応援ありがとうございます♪♪♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

Comments

スポンサーリンク
google
google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google