正しいかぎ針の持ち方、とな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、先日変なかぎ針の持ち方で編んでて腱鞘炎になりました、おおうらです。

改めて、基礎本でかぎ針の持ち方を見直してみた

基礎本にはこう書いてありました。

親指と人差し指で軽く持ち、中指を添えます。([改訂版]新かぎ針編み(日本ヴォーグ社)、より)

こう……??

まあ、必然的にフックは下向きになりますわな。

そーいえば、大昔にも大先生に持ち方を指摘されてました…

何年前だろうなあ、イベント出店に励んでいた頃、ブースが割と近かった有名な先生にご教授頂いた事を思い出しました。

「最近、鉛筆持ちのコが多いんだけど、グリップ付きのかぎ針が普及したせいなのね〜」と仰ってたのを思い出します。(そのあとコテンパンにダメ出し頂きました…)

ええ、ワタシ、ペンEが持てませんがなにか……orz

というわけで、上記の持ち方に今更ながら矯正しているところであります。この持ち方なら、へんなとこにマメが出来ようがないことも分かって…。

トホホのホ。

ではでは!

★ネットショップはこちら
糸へん便り通販部
>>iichi店にジャンプします
>>creema店にジャンプします
※ショップにより展示内容が異なる事があります ★いつも応援ありがとうございます♪♪♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

Comments

スポンサーリンク
google
google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google