ミトンの編み方ポイント(3):親指の拾い目の仕方など解説してみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!糸へん便りのおおうらです。
今夜はミトン編み解説の最終回でーす

ミトンの親指部分の拾い目の拾い方

前回、親指部分に別糸を編み込みました。

まず、その「別糸」をほどきつつ、針に取りますよー

毛糸針の頭とかで端っこから、慎重にほどきつつ針に取ります。
目が出てきたところは、ひとまず全て針に取ります。

なお、この作業は1回で成功されると、なお良いです。
やり直すと、目が伸びちゃってキレイに仕上がりませんです。
がんばー

で、針に取ったとします。編み始める場所は、右下からです。
右下から、親指のメリヤス編みを編みつつ、、、、
●印 のところはネジって編みます。

これを怠ると、ミトンに穴が開きます><

上の●印は、半目のところです。ねじります。
下の●印は、渡り糸のところです。ねじります。

右っかわのアップですよ。
ここ!ここをねじるの!!ねじるというかひねるというか!!!←

左っかわもアップを載せときますよ。
ねじって!ひねって!編んで!!!

ハイ、一段目の拾い目ができました。
このままぐーるぐると、親指を編みんで仕上げます。

これが完成&着画です。
穴、開いてないのがわかるかと思います。
これで、ミトンが完成しました。

まとめ

半目2目&渡り糸2か所を、ねじり目で編むのがポイントです。

いかがだったでしょうか。
これにて、ミトン編みの解説は終了です。

なにかの参考になれば幸いです。

ではでは!

★ネットショップはこちら
糸へん便り通販部
>>iichi店にジャンプします
>>creema店にジャンプします
※ショップにより展示内容が異なる事があります

★いつも応援ありがとうございます♪♪♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ニット小物へ

Comments

スポンサーリンク
google
google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google