くつ下編み実習(2):フレンチヒ―ルの編み方解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
糸へん便りのおおうらです。
今日は『朝活』してますよー(現在朝の5時半)

それでは、くつ下編みのパーツのサンプル制作テストの続きです。

前回の記事はこちら

くつ下編み実習(1):ボックスヒ―ルの編み方解説
こんばんは、糸へん便りのおおうらです。 お盆ですし(?)以前からやりたい事の一つだった「くつ下編み」の練習をしています。くつ下編みはですね、皆さんもご存知かと...

くつ下編みカテゴリを作りましたので、よろしければどうぞ。

フレンチヒール、に挑戦してみた

前回のボックスヒールに比べて、カカトの端が細くなっている形のパターンです。

見た目は、パッと見非常に似ているんですがね(^^;

では、編み方概要です

1.足首部分を編み、続けてフラット部分を編む

前回と同じ、円周の半分の目を何らかの方法で休めておきます。
のこりを、すべり目→表目の模様でフラットを編みます。

2.ターンを三角に編む

前回は、四角く端まで編みつつ、フラットと接続していました。
今度は、三角に編みたいので、フラット中心部分まで編んだら編み時を返す、、みたいにして三角に編みます。

3.マチを拾い目する

やっぱりここ、ムズカシイんですよねぇ(当社比)
左の拾い出しより、右の方がわたしはむつかしい。
(また失敗しました・汗)

4.マチを編んで、フチを止める

マチが編めました。
止めに入ります。今回は、伏せ止めではなく、新しい技法で止めてみることにしました。

ソーン・バインドオフ(Sown Bind Off)という止め方です。
伸縮性があるということで、また、指でかける作り目の対になる止め方だというので、やってみることにしました。

まず、糸を円周分の3倍くらい残して切り、針に通します。
裏目を編む要領で端2目にとじ針を入れて、糸を引きます。

右1目の方を、表目を編む要領で針を入れ、抜き、目を落とします。
これの繰り返しです。

これで合っているんだろうか・・・微妙なのですがね。

完成

完成です。

おまけの着画・汗
ごめんあそばせ・汗

履いた感じはですね、正直、ボックスヒールと大差ないです(爆)

また、編む上での注意点ですがね、

ターン部分(赤いところ)の端の目が、普通に編むとゆるみまくるようです。
(わたしが慣れてないってのもあるでしょうが)
そこは注意されると良いかもしれません。

まとめ

ボックスヒールと大差ない(キリッ

余談

今回編む上で、今更なんですが
『裏編み時の、端の目のすべり目をどうやるのか』ということに、一瞬悩みました。

編み本によりますと、表目のときの端のすべり目は、
いわゆる平行移動(編まないように針に移す)とあるのですが、
果たして、裏編みの場合はどうするのか?という疑問がありました。

結局、教えてもらた海外の動画を凝視して(英語はよく分からないw)、
「そのまま編む様に平行移動」する方法もあるんだな、ということを把握しました。

ナニが正解とかはないんでしょうが、まだちょっとなんかモヤっております(笑)

それでは以上、レポでした。
ではでは!

参考書籍はこちらです

★ネットショップはこちら
糸へん便り通販部
>>iichi店にジャンプします
>>creema店にジャンプします
※ショップにより展示内容が異なる事があります

★いつも応援ありがとうございます♪♪♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ニット小物へ

Comments

スポンサーリンク
google
google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google