ズボンにおける、おまたの「マチ」についてあれこれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、糸へん便りのおおうらです。
きょうは、月に一度の編み教室の日でした。

先生が、ニットの長ズボン(パンツっていうのかな?)を持ってきていらしてて。
4枚はぎで手編みで作られたというそれは、とてもステキなものでした。

でも、4枚はぎって大変そうですよね?
でも、輪でも一応編めるよ!と聞いたので、メモしてきました。
まぁ、大体こんな感じと思っていただければと思います。

輪で編むパンツの解説図

で、一番大事なのは「マチ」なんです

このまま編んで接続すると、おまたの所にマチがないので、非常に履きにくいパンツになってしまうとのことです。

解消法として、ひし形の「マチ」を入れるのですが、ニットに関しては台形でもOKということを聞きました。

ニットのパンツのマチ

これを作って接続すると、良い塩梅になるそうです。

私はいまのところ、パンツを編む予定はないのですが、
ちょっと覚えておこうということで、投稿しました。

豆知識ということで、シェアしたいと思います^^

ではでは。

★ネットショップはこちら
糸へん便り通販部
>>iichi店にジャンプします
>>creema店にジャンプします
※ショップにより展示内容が異なる事があります

★いつも応援ありがとうございます♪♪♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ニット小物へ

Comments

スポンサーリンク
google
google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google